読書

要約【マインドフルネス瞑想入門】マインドフルネス瞑想で心身をリセット

Pocket

 

野島です。(^o^)

 

体調はいかがですか?

野島はとっても元気です。ʕº̫͡ºʔ

 

以前の野島は、とっても疲れやすかったんですけど、

最近、巷で話題の瞑想を習慣にしたことで

かなり体調が良くなったんですよね。( ´ー`)フゥー...

 

そこで、今回の記事では、

疲れたあなたにおすすめしたい習慣、

瞑想について紹介します。

 

マインドフルネス瞑想入門という本を

参考に瞑想について解説していきますね。

 

というわけでこの記事では、

1,瞑想のメリット

2,瞑想のやり方

3,瞑想のポイント

 

という順番で解説していきます。

 

1,瞑想のメリット

まず最初に結論をいうと、

瞑想によって得られる

メリットは以下の通りです。

 

脳が疲れづらくなる

頭が良くなる

意志力が上がる

集中力、記憶力が上がる

メンタルが安定する

ストレス耐性がつく

免疫力が上がる

幸福度が上がる

ポジティブになる

自律神経が整う

共感力コミュニケーション能力が上がる

ダイエット効果がある

 

というように瞑想によって

本当にたくさんのメリットを得ることができます。

 

どんだけメリットあるの?って感じですよね。

瞑想って、もしかしたら最強のスキルなんでは?

と思いますよね。

 

しかし、

なんでこんなにたくさんのメリットがあるのか?

 

結論をいうと、

瞑想によって脳の前頭前皮質という場所を

鍛えることができるからなんです。

 

この辺の詳しいことは、また後で説明します。

 

いずれにせよ、

ここ数年で瞑想についての研究が進み

どうも瞑想ってマジで凄いねってことになり

GoogleやAppleのようなアメリカの大企業が

瞑想を取り入れるようになりました。

 

また大きな成果を上げている人たち

スティーブジョブズやビルゲイツ、イチローなど

挙げればキリがないくらいたくさんの優秀な方々が

実は瞑想を習慣に取り入れているということで、

近年、瞑想への注目が集まっているんです。

 

というわけで

ここまで瞑想のメリットについて解説しました。

 

続いて瞑想のやり方について解説します

 

2,瞑想のやり方

 

瞑想にはいくつかやり方があるのですが、

今回は一番一般的と思われる呼吸瞑想のやり方を紹介します。

 

呼吸瞑想とは

自分の呼吸だけに意識を集中する瞑想のことです。

 

ステップ1,

まず背筋を伸ばして椅子に座ります。

もしくは足を組んで座ります。

 

 

ステップ2,

目を閉じて自分の呼吸だけに意識を集中させます。

呼吸に意識を向けるというのは、

具体的には鼻を通る空気の流れに意識を向けるということです。

冷たい空気が鼻を通って肺に入ってくるイメージです。

それとともにお腹は膨らませます。

 

ステップ3、

今度はゆっくり息を吐いていきます。

体の中にある暖かい空気が鼻から抜けていくイメージです。

 

それとともにお腹は元の位置に戻っていきます。

 

このように自分の呼吸に細かく注意を向けます。

呼吸の一つ一つの感覚に意識を向けます。

これが呼吸瞑想のやり方です。簡単ですね。(^o^)

 

 

3,瞑想のポイント

 

瞑想の効果を上げる、

3つのポイントについて解説します。

 

まず一つ目は時間について

瞑想は1日たったの5分行うだけでも

最初に紹介したようなたくさんのメリットを得ることができます。

 

理想は15分から30分程度行うことですが

最初から、ここを目指すと挫折しやすいと思うので

1日5分から始めるのがいいと思います。

1日5分でいいので毎日行うことが大切です。

 

毎日行うことによって脳が鍛えられます。

 

次にポイントの二つ目は

呼吸はゆっくり行うということです。

 

1分間に4回から6回呼吸するくらいの

ゆっくりのペースで呼吸瞑想を行います。

 

このゆっくりした呼吸によって

副交感神経が優位になります。

 

副交感神経が優位になることで

身体はリラックスモードに入ります。

 

これにより

メンタルの安定、

リラックス効果、

自律神経が整う。

 

などのメリットが得られるというわけです。

 

 

では最後に三つ目のポイント

ここが一番重要です。

三つ目のポイント

それは気が散ってもいいということです。

 

先ほど紹介した呼吸瞑想では

呼吸だけに意識を向けると言いました。

 

ですが、瞑想してみるとわかりますが

どうしても気が散って

いろんな雑念が湧いてきちゃうんですよね。

 

お腹へったなー今日の昼は、ご飯何食べよう?

とか

あれ今日って給料日じゃん。みたいな

関係のない雑念が湧いてくると思います。

 

このときに大事なのが気が散ってもいいから

気が散ったら、また意識を呼吸に戻す

これが大切です。

 

気が散る

意識を呼吸に戻す

気が散る

意識を呼吸に戻す

 

というのを繰り返す過程で脳が鍛えられます。

 

この脳が鍛えられるというのは

具体的には脳の前頭前皮質への血流が増えるということです。

 

気が散る

意識を呼吸に戻す

 

というのを繰り返す中で前頭前皮質への血流が増えます。

 

そして前頭前皮質への血流が増えると

前頭前皮質が成長して機能が上がります。

 

要するに筋トレと一緒で使えば使うほど

脳を鍛えられるというわけです。

 

そしてこの脳の前頭前皮質というのは

集中力や意思力、自己コントロール力を

司る場所ですので、ここを鍛えることで

最初に挙げたようなたくさんのメリットを得られるというわけです。

 

まとめ

 

1,瞑想によって以下のようなたくさんのメリットを得ることができる。

 

脳が疲れづらくなる

頭が良くなる

意志力が上がる

集中力、記憶力が上がる

メンタルが安定する

ストレス耐性がつく

免疫力が上がる

幸福度が上がる

ポジティブになる

自律神経が整う

共感力コミュニケーション能力が上がる

ダイエット効果がある

 

2,呼吸瞑想のやり方としては呼吸だけに意識を集中させる

 

3,瞑想のポイントとしては1日5分でいいので毎日行うことで習慣にする。

慣れてきたら10分15文と時間を延ばしていきましょう。

 

そして呼吸のペースはゆっくりめに行うこと。

そうすることで副交感神経が優位になります。

 

そして大事なポイントは

 

気が散る。

意識を呼吸に戻す。

これを繰り返す。

 

この繰り返しの過程で脳の前頭前皮質への血流が増えて

脳機能が向上するということでした。

 

 

瞑想については

習慣化できれば、多くのメリットがあるので

とりあえず試してみてはいかがでしょうか?

 

今回は、瞑想について一部しか紹介できませんでしたが、

本には、より詳しい内容が紹介されていますので

興味がある人は本書を読んでみてください。

 

~1日10分で自分を浄化する方法~マインドフルネス瞑想入門

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

 

野島

-読書

© 2021 野島幸人ブログ Powered by AFFINGER5