読書

【やる気が上がる8つのスイッチ】やる気スイッチの押し方

Pocket

 

野島です。(^o^)

 

「あーやる気でないなー」

 

「やらなきゃいけないのはわかってるけどどうもやる気が出ない」

 

自分のやる気スイッチってどこにあるのかな?

 

っていうかやる気スイッチって本当にあるの?

 

みたいな悩みは誰でもありますよね。

 

 

野島が、仕事へのモチベーションが湧かず

やる気出したい!と悩んだときに

最も参考になった本があります。

 

この記事では、やる気についての悩みが解決できる本を紹介します。

社会心理学者ハイディグ・ラント・ハルバーソンさんが書いた

やる気が上がる8つのスイッチ

という本を解説します。

 

やる気が上がる8つのスイッチ

グラントさんはやる気やモチベーションの専門家です。

モチベーションや目標達成についての

科学的な研究成果や知識について書いた本を出版していて、

今回紹介する

やる気が上がる8つのスイッチ

という本ではざっくり次のことが書かれています。

 

やる気を出す方法については万人に効果的な処方箋というものはない

それはなぜかと言うとやる気という観点から見たとき人は

8つのタイプに分けることができ

そのタイプに応じて処方箋が異なってくるからである

 

これこそが本書のざっくりとした結論です。

 

というわけで今回はそんな本書から学んだことをもとに

 

1,やる気に関する三つの軸

2,やる気に関する8つのタイプ

3,それぞれのタイプの処方箋

という順番で解説していきますので

是非自分がどのタイプに当てはまるのか

考えながらお楽しみください。

 

 

1,やる気に関する三つの軸

やる気についての8つのタイプについて説明するために

先にやる気に関する三つの軸

というのを説明します。

 

先に結論から言ってしまうと三つの軸とは

マインドセット、

やる気のフォーカス、

自信の有無

という三つです

 

そしてマインドセットには

証明マインドセットと成長マインドセットという二種類

 

やる気のフォーカスには

獲得フォーカスと回避フォーカスという二種類

 

自信の有無については

自信が有る人なのか、無い人なのか

という二つに分かれます。

 

というわけでこの三つの軸によって

下の表のような8つのタイプが見えてきます。

 

本書では8つのタイプについて

それぞれ面白い名前がつけられています。

 

マインド
フォーカス
自信
タイプ
評価
証明
獲得
中二病
証明
回避
臆病者
証明
獲得
うざい奴
証明
回避
退屈な人
成長
獲得
やる気の空回り
成長
回避
真面目な見習い
成長
獲得
新星
成長
回避
熟練の匠

 

上から順に

中二病

臆病者

うざい奴

退屈な人

やる気の空回り

真面目な見習い

新星

熟練の匠

と呼ばれています。

 

そして、それぞれのタイプの評価としては

中二病と臆病者については✕

うざい奴、退屈な人、やる気の空回り、真面目な見習いは△

そして新星と熟練の匠が○

 

つまり新星と熟練の匠が目指すべきタイプだということになります。

 

というわけで、ここまでがやる気に関する三つの軸と8つのタイプの概要です。

 

ここからもう少し詳しく見ていこうと思います。

まずは三つの軸について一つずつ掘り下げていきます。

 

1,マインドセット

まず一つ目の軸は

マインドセットというものです。

マインドセットとは考え方の癖のことです。

 

人は誰しも考え方の癖であったり

思考のパターンというものを持っています。

 

そしてやる気という観点からマインドセットを見ると

二つのマインドセットがあります。

 

その二つというのが

証明マインドセットと成長マインドセットです。

 

簡単に言うと証明マインドは自分の能力を証明したいというマインドセット

成長マインドセットは成長したいというマインドセットです。

 

あなたはどっちのマインドセットに当てはまりますか?

 

それぞれもう少し掘り下げるので考えてみてください。

 

 

証明マインドセットを持つ人は

自分の能力を他人から認められたい

成果を周りに見せつけたい

他人と自分を比べる過程はそれほど重要ではなく

結果こそが大事だというような考え方を持っています。

 

 

それに対して成長マインドセットを持つ人は

自分が成長することに価値を感じます。

上達する事や新しい学びが大事で、

他人がどう思うかよりも自分がすごいと思うような人になりたい。

結果も大事だが成長する過程も大事。

理想の自分と今の自分を比べる。

昨日の自分と今日の自分を比べる。

 

というような考え方を持っています。

 

どうですかね?

この二つのマインドセットどっちの方がいいと思いますか?

 

実はやる気という観点からすると

成長マインドセットであるべきだ

というのが科学が導いた結論です。

 

証明マインドセットを持つ人よりも

成長マインドセットを持つ人の方がやる気が継続しやすい

ということが分かっています。

 

というのも成長マインドセットを持つ人は

成長にこそ価値を見出します。

 

ですので結果だけにこだわらず

そこに至るまでの成長の過程を楽しむことができ

だからこそ粘り強く物事に取り組める傾向にあります。

 

または他人がどう思うかではなく

自分がすごいと思うような人になりたい

という内発的なモチベーションを保つため

やる気が持続しやすいです。

 

一方で証明マインドセットを持つ人は

良い結果を出して周りに認められたい

と思っています。

 

なので結果を出すための過程に価値を見出しづらいです。

となるとなかなか結果が出ないとか

うまくいくという保証がないとわかってないと

やる気が持続しづらい理由です。

 

また常に他人と自分を比べているので

焦りや劣等感を抱くことも多く

そのことが気分の落ち込みはメンタルの不安定につながります。

 

そういうわけでやる気が落ちるというパターンがあります。

というわけで以上のようにやる気に関するマインドセットは

証明マインドセットと成長マインドセットの2種類があり

成長マインドセットを目指すべきである

ということでした。

 

2,やる気のフォーカス

では続いてやる気に関する三つの軸

二つ目、やる気のフォーカスについてです。

やる気のフォーカスとは

やる気が向く方向のことです。

 

このやる気のフォーカスについても2種類ありまして

それは獲得フォーカスと回避フォーカスです。

 

そして先に言っておくと

この二つのフォーカスについてはどっちがいい

どっちが悪いというものではなく

2種類のタイプの人間どっちも必要という位置付けになっています。

 

ではもう少し掘り下げていきます。

まず獲得フォーカスを持つ人は

なるべく大きい成果を出したい

いろんなことに挑戦したい

早く取りかかってやりながら学びたい

そして賞賛を得たい

というような方向にやる気が向かいます。

 

それに対して回避フォーカスを持つ人は

なるべく安定したい

責任を果たしたい

ちゃんと分析した上で行動に移したい

そして批判を避けたい

というような方向にやる気が向かいます。

 

どうですか?

あなた自身はどっちのフォーカスを持っているでしょうか?

 

このやる気のフォーカスの面白いところは

両方のタイプの人間がチームには必要である。

ということです。

 

新しいことや大きなことに

チャレンジしていくのが得意な獲得フォーカスの人も

地道にコツコツ継続するとか

責任を持ってやり遂げるというのが得意な人もチームには必要です。

 

両者のバランスが良いチーム構成が成果を上げられるチームです。

 

さっきの一つ目の軸のマインドセットについては

全員が成長マインドセットを持った方がいいという話でした。

 

それに対して二つ目の軸のやる気のフォーカスについては

どっちのフォーカスの人も必要である。

ということです。

 

ですのでこのやる気のフォーカスについては

変える必要はありません。

 

というか変えるのはほぼ無理なので

自分のタイプをちゃんと見極めて

自分が活躍できる環境に身を置くことこそが大事だと

著者のグラントさんは言っています。

 

またこのような見方もできます。

マネジメントする立場にいる人は

組織のメンバー1人1人が

獲得フォーカスと回避フォーカス

どっちのタイプの人なのかを見極めて

マネジメントの仕方を変えるべきです。

 

というのも獲得フォーカスの人には

とりあえずやる

そしてやりながら学ぶという方法があっています。

 

それに対して回避フォーカスの人は

ちゃんと学んで分析してから行動に移す。

 

ということを好みます。

 

このようにやる気のフォーカスの違いによって

その人のパフォーマンスが変わってくるので

マネジメントする側の人にとってこの知識はとても大事なものになります。

 

3,自信の有無

では続いてやる気に関する三つの軸

三つ目は自信の有無です。

 

最後の軸は自信があるか自信がないか

というものです。

 

そして結論から先に言ってしまうと

これは自信がある人の方が

やる気が継続します。

 

これは当然と言えば当然ですが

自信がない人はできるかどうかわからないのでやる気が出にくいです。

 

例えば

頑張って来月まで100Mを10 秒で走れるようにして

と言われて頑張れますか?やる気出ませんよね。

 

それは俺にはできないと思うものに対しては

やる気が湧きません。

 

今のはもちろん極端な例ですが

このように自分にはできる

自分ならやり遂げられる

と思えるものの方がやる気が出やすいです。

 

自信があることがやる気に大きく関わってきます。

ですがここで注意点があります。

それはこの自信の定義についてです。

 

ここで言う自信とは自分ならできる

自分にはやり遂げる力がある

というような自信ですですので

 

ただなんとなく

まーうまくいくだろう

とか

大丈夫、大丈夫、何とかなる。

というようなただの楽観とは違うということです。

 

ただの楽観は自分はできる

やり遂げられる

という考えではないので行動に結びつきません。

 

必要なのは行動に結びつく自信

つまり自分にはそれを達成する力や粘り強さがあるんだ。

というような自信です。

 

まーなんとかなるでしょう。

というような現実を見ない楽観的な人ではなく

しっかりと現実を見つめてこれはなかなか難しそうだ

厳しそうだだけど俺ならこの難題も乗り越えられる。

それだけの能力が俺にはある。

という風に思えることが大事だということです。

 

 

というわけで、ここまででやる気に関する三つの軸について見てきました。

 

三つの軸とは

マインドセット

やる気のフォーカス

自信の有無

という三つの軸でした。

 

では続いて、この三つの軸によって

導き出される8つのタイプについて見ていきましょう。

 

2,やる気に関する8つのタイプ

 

というわけで、やる気に関する8つのタイプ

2つの軸によって人は8つのタイプに分けられます。

証明マインドセットなのか成長マインドセットなのか

獲得フォーカスなのか回避フォーカスなのか

そして自信があるのか自信がないのか

この 2✕2✕2 で合計8つのタイプがあります。

 

繰り返しになりますが、

マインドセットは成長マインドセットを持つべきで

やる気のフォーカスはどっちでも良くて

自信は持つべきである

という話でした。

 

ではこの知識をもとに8つのタイプについて見ていきましょう。

 

8つのタイプを表にまとめました。

この8つのタイプについてグラントさんは

その特徴を一言で言い表す名前を付けていまして

これがなかなか面白いです。

 

マインド
フォーカス
自信
タイプ
評価
証明
獲得
中二病
証明
回避
臆病者
証明
獲得
うざい奴
証明
回避
退屈な人
成長
獲得
やる気の空回り
成長
回避
真面目な見習い
成長
獲得
新星
成長
回避
熟練の匠

 

この表が示すように

マインドセット、獲得フォーカス、自信が無い

こいつは中二病

 

証明マインドセット、獲得フォーカス、自信が無い

この人は臆病者

という風に名付けられています。

 

この二つのタイプは証明マインドセットを持っている

勝つ自信を持ち合わせていないというタイプで

完全にだめだめです。

 

マインドセットを成長マインドセットに変えて

自分に自信をつける。

という二つの課題があります。

 

次に、

うざい奴、

退屈な人、

やる気の空回り、

真面目な見習い

 

この四つのタイプは自信はあるけど

証明マインドセットというパターンと

成長マインドセットだけど自信がない

というパターンです。

 

この四つのタイプは自信をつけるか

マインドセットを変えるか

という一つの課題があります。

ですのであと一歩という感じです。

 

そして成長マインドセット、獲得フォーカス、自信がある

この人は新星

 

成長マインドセット、回避フォーカス、自信がある

この人は熟練の匠と呼ばれています。

 

この二つのタイプがやる気を落とさずに

物事をやり遂げられるタイプでして目指すべき状態です。

 

あなたは8つのタイプのうちどれに当てはまるでしょうか?

それぞれのタイプによってやる気を上げるための方法が変わってきます。

 

ですので最後にそれぞれのタイプが取るべきやる気を上げる方法を見ていきます。

というわけで、

それぞれのタイプの処方箋

やる気を上げるためにすべきことの結論

それは結局この三つになります。

 

1,証明マインドセットを成長マインドセットに変える

2,自信をつける

3,自分のやる気のフォーカスに合った環境を作る

 

この三つです。

 

例えば

証明マインドセット、獲得フォーカス、自信がない

の中二病はこの三つ全てクリアする必要があります。

 

成長マインドセットを回避フォーカス、自信がある

熟練の匠はマインドセットと自信はもうクリアしているので

最後の環境を整えるという部分だけが課題として残ります。

 

このように自分のタイプによってやるべきことが何なのか?は変わってきます。

 

というわけで、ここからは

1,証明マインドセットを成長マインドセットに変える

2,自信をつける方法

3,自分のやる気のフォーカスにあった環境を作るための具体的な方法

についてそれぞれ見ていきましょう。

 

1,証明マインドセットを成長マインドセットに変える

まずは

証明マインドセットを成長マインドセットに変える方法について

ここがおそらく一番難しいので詳しめに解説していきます。

 

まず結論から言うと成長マインドセットを持つためには

他人ではなく理想の自分や過去の自分と比べる癖をつける

ということが有効です。

 

では掘り下げていきます。

他人と比べないというのはとても難しいことです。

人間誰しも他人と比べてしまうものです。

 

しかし、その程度が重要だと思うのです。

完全に人と比べないというのは無理かもしれませんが

人と比べないように努めることはできます。

 

そのためには人と比べることにメリットは少ない。

というのを認識しておくことが有効です。

 

そもそも人と比べてもあまりメリットはないです。

というのも自分よりも成果を出している人と

自分を比べると惨めな気持ちになる。

逆に自分よりも成果を出していない人と自分を比べると

自分に甘くなってしまう。

 

そういう理由で人と比べてもメリットはないです。

もちろん人によっては他人と比べるほうが頑張れる

という人もいるとは思います。

 

ただし他人と比べる場合その戦いには終わりがないです。

なので、やはり程度が大事だと思います。

 

適度に他人と競うことは有効です。

ただどのくらいが適度なのかというのは

人によって変わってくると思うので

そこは自分で試行錯誤していく必要があります。

 

話を元に戻しますが、他人と比べる事はやり過ぎ注意です。

しかし、理想の自分と今の自分を比べることはとても有効なことです。

 

理想の自分と比較するクセをつけることが

成長マインドセットを持つことに直結します。

 

会社で昇進している自分

カッコいい体になってモテている自分

時間的にも金銭的にも余裕があって人生を楽しんでいる自分

 

というように人それぞれの理想の自分と比較することで

今の自分がすべきことが見えてきます。

 

そしてそのすべきことを

一つ一つクリアし成長していく過程を楽しむ

これこそが成長マインドセットです。

 

また、くじけそうになった時は過去の自分と

今の自分を比べることが効果的です。

 

というのも過去の自分と比べることで

「自分はこんなに成長してたんだ」

とか

「なんだかんだ結構、俺って頑張ってるな」

みたいな感じで自信が湧きます。

 

そしてその自信がやる気にあがります。

 

このように過去の自分をいつでも振り替えられるように

記録を取っておくことが有効です。

 

というわけで

証明マインドセットから成長マインドセットに

変わるためには他人と比べる事を控えて

理想の自分や過去の自分と比べるように

癖付けしようということでした。

 

2,自信をつける方法

 

では続いてに自信をつける方法について解説します。

結論は、スキルを上げて成功体験を積むことです。

 

スキルを上げれば自信がつきます。

そのスキルを使って成果があげられれば

さらに自信がつきます。

自分がやる気を出したい分野はどんな分野ですか?

 

仕事、

副業

学業

スポーツ

色々あると思います。

 

いずれにせよ。その分野におけるスキルの向上を図り

その上がったスキルによって、

たとえ小さくても成功を体験することができれば

それが自信につながります。

 

そして自信がついたことで更にやる気が上がります。

というわけでコツコツとスキルアップすることと

成功体験を積み重ねることが自信をつけるための具体的な方法です。

 

3,自分のやる気のフォーカスに合った環境を作る

では続いて

自分のやる気のフォーカスに合った環境を作る

この環境づくりについては正直終わりがありません。

 

永遠に改善し続けられる部分になります。

繰り返しになりますが、やる気のフォーカスとは、

やる気が向く方向のことで

獲得フォーカスと回避フォーカスの2種類があります。

 

両方のタイプの人間が組織には必要です。

そしてそれぞれ自分のフォーカスに合った

やり方で物事を進める時にこそ最もストレスなく生産性高くこなすことができます。

ですので環境作りがとても大事です。

 

獲得フォーカスを持つ人は、

なるべく大きい成果を出したい

いろんなことに挑戦したい

早く取りかかってやりながら学びたい

そして承認を得たいという方向にやる気が向かいます。

 

そして回避フォーカスを持つ人は

なるべく安定したい

責任を果たしたい

ちゃんと分析した上で行動に移したい

そして批判を避けたい

というような方向にやる気が向かいます。

 

自分がどちらのタイプなのかを見極めて

やる気が起こりやすい環境を作っていくことが大事です。

 

ここまで

マインドセットやフォーカス、自信の有無について話してきましたが、

これらは一人の人でも場面場面によって変わるものでもあります。

 

例えば仕事には自信があるけど家事育児には自信がない

とか本業では回避フォーカスだけど副業では獲得フォーカスだとか

状況によって変わるものです。

 

さらに例えば100%成長マインドセットという人はいなくて

成長マインドセットが70%くらい証明マインドセットが30%くらい

というようにはっきりとし つくものではないと思います。

 

ただいずれにせよやる気を沸かせるには

マインドセット、やる気のフォーカス、自信の有無を意識する必要があります。

自分がこれから頑張っていきたいこと

やる気を出したいことについて三つの軸を整えていくことが

有効ですのでぜひ参考にしてみてください。

 

まとめ

 

1,やる気に関する三つの軸

やる気にはマインドセット、やる気のフォーカス、自信の有無という三つの軸が関わっています。

 

2,やる気に関する8つのタイプ

三つの軸によって2✕2✕2で、合計8つのタイプに分類されます。

 

3,それぞれのタイプの処方箋

8つのタイプによってやる気を上げる方法が変わってきますが、

基本的にはマインドセットを成長マインドセットにすること

自信をつけること

自分のフォーカスに合った環境を作ること

この三つのどれかになります。

 

是非、自分のタイプを見極めて効果的な対策をとっていきましょう。

 

いかがでしたか?

どーも、やる気が出ないなという人には、とてもおすすめな本です。

是非、一度読んでみてください。

 

やる気が上がる8つのスイッチ

 

 

野島

-読書

© 2021 野島幸人ブログ Powered by AFFINGER5