読書

【1分で話せ】サラリーマン必見!プレゼンの極意

Pocket

 

野島です。ʕº̫͡ºʔ

 

今日は、サラリーマンにとって大切なスキル

”プレゼンの極意”

について書かれた本「1分で話せ」を紹介します。

 

 

著者は伊藤洋一さん。

伊藤さんは、

もともとはソフトバンクの孫正義さんが

ソフトバンクの後継者を育てる目的で創設した

ソフトバンクアカデミア出身の人です。

 

そのソフトバンクアカデミア内で

プレゼンをし続けて最終的にCEOコースで

国内1位になった人なんです。

いわば孫正義も認めるプレゼンマスターなんです。

 

 

そんなプレゼンマスターが

プレゼンの極意を非常にわかりやすくまとめた本

それが今日紹介します「1分で話せ」なんです。

 

そもそもプレゼントとは何なのか?

 

細かいテクニックの説明の前に

そもそも何のためにプレゼンをするのか?

について伊藤さんが説明してくれています。

 

プレゼンをする意味は

相手を動かしてなんぼ

ということです。

 

相手を行動させるために行うためにやる

ということなんです。

 

逆に、プレゼンしたけど相手が行動しなければ全く意味がない

そんなのはプレゼンではないということなんです。

 

パワポできれいな資料を作るとか、

どういう話し方をすればいいとか

は本質ではなくて

 

相手が行動に移さなければ

プレゼンをする意味がないんです。

 

 

皆さん、人が行うプレゼンを聞くときって

どんな姿勢ですか?

 

話半分しか聞いてないんじゃないですか?

話を聞きながらランチで何食べようかなとか

ほかの業務のことを考えていたりしませんか?

 

野島も話し半分しかきいてません。゚( ´ー`)フゥー...

 

そんな相手に話を聞いてもらう上に

さらに行動もしてもらわなければならない。

 

かなりハードルが高いわけです。

 

 

だから

自分の話し方とか、資料の作成よりも

プレゼンを聞く相手がどう感じるかのほうが大切なんです。

 

相手がどんな立場か?

相手がどんなことに興味があるのか?

相手がどれくらいの知識があるのか?

 

のほうが大切なんです。

 

プレゼンの極意とは?

 

では、

プレゼンをどう伝えれば相手が行動してくれるのか?

 

その考え方を様々な切り口で紹介してくれているのが本書です。

 

そこで

この記事では、野島がもっとも重要だと感じた

3つの極意を紹介します。

 

相手に行動させてこそのプレゼン

 

相手にどういう行動をしてほしいのかゴールを明確にします。

これが整理できていないとプレゼン資料の準備もできないし

何をプレゼンで話すかも決められませんので最初に設定します。

 

三段ピラミッドを作る

 

プレゼンで何を伝えるかを決めます。

その時3段ピラミッドで考えると

相手からイエスの答えを得られやすくなります。

 

その構造を説明するのに、

例として、家電メーカーがTV事業から撤退することを

プレゼンする場合で説明します。

 

まずトップに結論として、

TV事業から撤退するというのが結論。

 

次にピラミッドの二段目、

その結論の根拠を用意します。

根拠で結論を支えます。

 

TV事業撤退で考えると、

ライバルの企業が凄い強いとか

TV市場がどんどん収縮しているというのが根拠となります。

 

そして、三段目では、

その根拠の具体例を話します。

 

具体例で根拠を支えます。

例えば、アメリカの大手家電メーカーが

収縮するTV市場から撤退しなかったことで倒産した。

というのが具体例です。

 

結論から根拠、

その根拠を支える具体例まで作れば

説得力が増して

 

「もう行動するしかない」

 

と判断してプレゼンの提案が通るという

決断がされるわけです。

 

ではなぜ、社長が迷いなく行動する決断をできたのか?

社長の頭の中でどんな判断がされたのでしょうか?

 

それは、プレゼンによって

社長の頭の中を支配できたからというのが理由です。

 

最初、TV事業からの撤退という結論を聞いた時、

社長は、

「なぜその結論になるのか?」

というふうに考えます。

 

そこで結論を支える根拠、

TV市場が縮小しているという根拠を聞いて

左脳でロジカルに納得します。

 

その後に

「でもそれって我が社に関係有るのか?」

という疑問が浮かんだところで、

 

次に根拠を支える具体例として

同じような企業がTV事業で失敗したという情報により

右脳でイメージすることで

左右両方の脳で納得して決断したのです。

 

リトルホンダをつくる

 

皆さんリトルホンダってご存知でしょうか?

これは、

サッカーの本田圭佑選手がACミランの入団会見で

「ぼくの心の中のリトルホンダに聞いてそう決断しました」

 

これは、どういうことかというと、

自分のことを第三者として俯瞰する自分を作る

ということなんです。

 

この客観的な視点が

プレゼンをする上でとても大切だというんです。

 

でもかなり上級者の技術でして、

プレゼンをする時に野島であれば、リトルノジマを作って、

自分がプレゼンをする時に

リトルノジマから

 

自分はどう見えてるか?

自分の声はどう聞こえているか?

 

こんな冷静に自分を分析するのは、

場数が必要な上級者向けの難しい技術ですが

 

本書では、初歩的なテクニックも紹介されています。

それはプレゼンの会場に早く入って

プレゼン相手の席に座りプレゼンしている

自分の声、姿を客観的に想像してみるという方法です。

 

場の雰囲気を先に体験して

シミュレーションをしてみるということです。

 

 

まとめ

 

本書の結論は

・プレゼンは、相手に行動させてなんぼ。

 

・3段ピラミッドで伝える

結論

結論を支える根拠

根拠を支える具体例

 

・リトルホンダを作る

 

 

プレゼンの極意は、

ほかの分野でも使えるなと感じましたね。

 

相手をよく知らずに自分が話したいことだけ

伝えても相手にされません。

 

 

相手がどんなことに興味があるのか?

相手が何を望んでいるのか?

 

などが解っていれば選ぶ言葉が変わってきますよね。

「1分で話せ」とても参考になりました。

 

 

では、

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

-読書

© 2021 野島幸人ブログ Powered by AFFINGER5