マインド

貧富の差を埋めるたったひとつの解決策

Pocket

野島です。(^o^)

この記事では、

貧富の差を埋めるたったひとつの解決策

というテーマで書いていきます。

 

格差社会と呼ばれる世の中で、

野島が考える

貧富の差を埋めるたったひとつの解決策を紹介します。

 

最近世間では、ニュースなどを通じて

貧富の差が顕在化してきていると思います。

 

誰もが豊かな生活を送りたいと考えていて、

お金が全てではないけど、お金でしか解決できない問題があるし、

お金は無いよりもあったほうがいいし、

できれば多くあったほうがいいと思っている人が多数だと思います。

 

しかし、

実際問題ですが、誰もが裕福になれるわけではありません。

 

そこで、この記事では、

どうすれば貧富の差を埋める事ができるかの解決策について書いていきます。

 

 

貧富の差が生まれる原因

 

まず、

貧富の差が生まれる原因を考えたことはありますか?

どこから貧富の差が生まれるんでしょう?

 

職業、

才能、

家系、

習慣、

お金の使い方、

 

いろいろな答えがありそうです。

どれも間違いでは無いと思いますが、

 

野島が考える貧富の差の原因は、

他から来ていると考えます。

 

貧富の差が生まれる原因、

それは行動力の差です。

 

「なんだ、そんなことかよ」

と言われそうですが、

どんな、裕福な人でも最初からお金を稼いでいた訳じゃありません。

はじめの一歩があったから結果を出せているんです。

 

今の世の中

あらゆる情報に誰もが、ふれることが出来ます。

 

稼げる職種の情報、

成功した起業の話、

投資の話など

 

お金を稼ぐ情報が溢れています。

 

ある人は、情報を見て成功して、またある人は何も変化しない。

人によって違いが生まれます。

 

同じ情報を見た人の中でも貧富の差が生まれるのは、

行動できるかどうかが大きな分かれ目になります。

行動したかどうかで顕著に差が現れます。

 

といっても

どう顕著に差が現れるのか分かりづらいので

具体例を使って説明します。

 

例えば、今流行りの副業の話でいくと

サラリーマンで働きながら

副業で新たな収入を得るチャンスを誰もが得ています。

 

副業で稼いでいる人がいるというのは、

ほとんどの人が知っていることだと思います。

 

公務員や副業を会社で禁止されているという人もいると思いますが、

副業を始めるのは意外と簡単です。

 

例えば

オークションサイトに登録して、

昔コレクションしたレアなカードを売ってみる。とか

カードが売れたら副収入が得られます。

 

野島も以前、アマゾンで読まなくなった漫画を売っていました。

月に1万ぐらいの収入でしたが、1年継続したら12万の収入です。

お金持ちには、なれませんが旅行に行ったり美味しい食事をするには十分な金額です。

 

中には、やってみようかなと思った人もいるかと思いますが、

実際に副業をしている人は、いまだ少数派です。

 

稼げるとわかっているけどなぜ

多くの人が副業を始めないのか?

 

いくつか理由が考えられます。

 

「確定申告が面倒ではないか」

「大切にしたものを売ってしまって後悔しないかな」

「家族に反対されるのではないか」

 

行動する前に色々と考えてしまい

最終的に行動に移せない人がほとんどです。

 

そして、なんとなくやらない

 

これは

重要だけど緊急ではないというのが原因です。

 

特にそこまでお金に困っていなければ

ほとんどの人は行動しません。

 

やったほうが良いのはわかっているけど

時間ができたらやってみたい

とか考えています。

 

野島が考える

貧富の差が生まれる原因は行動力の差です。

 

あと大切なことは、

自分でコントロールできないことは考えないことです。

「もっとお金持ちの家に生まれたら良かった」

と考えるても何も変わりません。

 

一歩を踏み出さないと何も始まらないのです。

 

 

野島が

本業+副業で稼げているのも行動をしたからです。

特別な才能があったわけじゃなくて

ただ行動したからにすぎません。

 

行動力をつけるには?

 

では行動力をつけるにはどうしたらいいか?

 

例えば

ゴルフが上手くなりたいとします。

ゴルフが上手い人は最初から上手いわけじゃありません。

たくさん練習したから続けるうちにコツが掴めるようになったんです。

 

練習を積み重ねしたから上手く出来るようになるんです。

まずやり始めて継続することが大切です。

 

こういうことを伝えると

「なんだ結局、根性論か」

と言われそうですが

 

大切なのは失敗を恐れて慎重になりすぎないことです。

ゴルフ上達法の本ばかり読んで、

準備ばかりして肝心の行動をしない人が多いです。

 

まずは、はじめて見ること、行動するのが重要です。

 

 

すぐに行動する人は失敗が多くなります。

一見、失敗が多くなると聞くとネガティブに考えがちで、

 

人が失敗するのを見て

もっと準備すればいいのにと感じるかもしれませんが、

やらないとわからないことがあります。

 

ゴルフ上達法の本を読み込んでも全てを理解できません。

ボールを打ってみて試行錯誤して

はじめてゴルフ上達法の本を理解出来るようになるのかなと思います。

 

まとめ

 

貧富の差を埋める上では行動力、

特にはじめの一歩を踏み出せるかという

「行動力の差」を意識して動くことが大切です。

 

計画を立てることにとらわれず、

失敗を繰り返しながら成長するのが成功への近道。

 

失敗を繰り返すことで心身ともに鍛えられ、

限界を突破する力が強くなる

 

失敗を恐れずに行動することが成功への第一歩。

行動こそが貧富の差を埋めるたったひとつの解決策です。

 

今回のように、成功するための考え方で伝えたいことは

ほかにもたくさんあります。

 

今後もこのブログでその辺を書いていきたいと思います。

楽しみにしていてください。

 

ここまで読んでくれてありがとうございます。

 

野島

-マインド

© 2021 野島幸人ブログ Powered by AFFINGER5