読書

要約【スタンフォード式 疲れない体】疲れない体をつくる方法

Pocket

 

野島です。(^o^)

 

疲れにくい体、

疲れてもすぐに回復できる体になれたら

今よりもっと仕事のパフォーマンスを

上げることができると思いませんか?

 

そんな悩みを解決してくれる本を紹介します。

 

それが、

「スタンフォード式 疲れない体」

です。

 


この本は

・疲れない体

・疲れにくくて回復しやすい体

 

について書かれた本で、

 

著者の山田知生さんは、

スタンフォード大学でトレーナーをしている先生です。

 

20年間トップアスリートの疲れを研究してきた人で、

スポーツは体の疲れが競技の結果に影響します。

 

トップアスリートになれば競技の結果は人生を左右します。

そんな真剣勝負の世界で研究された

疲れない体について書かれているのが本書です。

 

本書の結論からいうと

疲れない体になるためには?

IAP呼吸法を1日1回行うこと

 

IAP呼吸法とは、

お腹をふくらませる呼吸法のことをいいます。

 

今回、IAP呼吸法のやり方を説明しますが、

その前に疲れやだるさの原因について先に説明をします。

 

疲れやだるさの原因

 

疲れには、

筋肉の疲れと神経の疲れに分かれます。

 

疲れというと、

どちらかというと筋肉の疲れをイメージすると思いますが、

オフィス中心で働くサラリーマンも疲れを感じていますよね。

ほとんど肉体を使わないのに疲れを感じています。

 

これはどういうことかというと

サラリーマンは

筋肉よりも神経の疲れを感じている

ということです。

 

筋肉の疲れに対しての対処法は知っていても

神経の疲れに対しての対処法はあまり知られていません。

 

あまり世間では知られていない

神経の疲れについての対処法が

書かれているのが本書です。

 

野島が言うまでもなく

神経はとても大事なものですが、

中でも中枢神経がとても大切です。

 

中枢神経は体の動きをコントロールしている神経です。

 

その中枢神経がだめになると

 

腕、足、指先など体の各部への指示が弱まります。

体への指示が弱くなると

なんとなく人は

体をだるく感じるようになります。

 

そのだるさを疲れと感じるのが原因です。

 

そして

中枢神経の疲れの原因となるのが、体の歪みです。

 

体の歪みが中枢神経を疲れさせます。

ハイヒールをはいたり

猫背であったり

 

体の歪みにより

中枢神経が弱ります。

 

弱まった中枢神経は

体をコントロールする力が鈍くなり

余計なエネルギーを消費するようになります。

 

これが、神経の疲れの原因です。

 

 

因みに

中枢神経が疲れていると

腰痛になる人が多いそうです。

腰痛は体・神経が疲れているサインとなります。

 

なんとなくだるい疲れると感じる

疲れの原因は

筋肉の疲れよりも精神の疲れが大きい

 

原因は体の歪みにあった

 

歪みを治す方法が

IAP呼吸法

お腹をパンパンにする 腹圧を高めると

 

体感、脊柱が本来あるべきところに戻る

腹圧によって体の歪みを正しくできる

 

IAP呼吸法のやり方は

 

姿勢良くリラックスして椅子に座る

5秒かけて鼻から目一杯息を吸い込む

自然とお腹が膨らむ

腹圧が高まった状態

腹圧が高まる

 

このあと息を吐きますが、

普通であればお腹が凹むところを

お腹に力を入れることで

お腹をふくらませたまま

5〜7秒かけて息を吐きます。

 

これを5回繰り返す。

 

1日1回寝る前に行うのがおすすめです。

 

IAP呼吸法をするとどんないいことがあるか?

腹圧が高まります。

 

腹圧が高まると

体の中のパーツ、内蔵、脊椎があるべきところに戻ります。

 

内蔵、脊椎が正常な場所に戻ると

中枢神経からスムーズに指示が出るようになります。

 

脳の指示が的確に通るので、

だるさを感じなくなり

疲れにくい体になるのです。

 

IAP呼吸法で勘違いしたくない注意点があります。

似たような呼吸法で、腹式呼吸法というのがあります。

腹式呼吸法のほうがご存知の方多いかもしれません。

 

IAP呼吸法は、似ていますが

腹式呼吸ではないということです。

 

腹式呼吸は

息を吐く時にお腹をへこませる呼吸法ですが、

IAP呼吸法は真逆の行為で、息を吐く時にお腹は凹ませません。

 

腹式呼吸法は、

90年代に流行った健康法ですが、

著者の山田さんは腹式呼吸をおすすめしていません。

 

また

スタンフォード大学でも腹式呼吸を

勧めている人を知らないとも話しています。

 

すでに疲れている人の場合は?

 

IAP呼吸法は

習慣化させて疲れない体をキープする方法。

いわば予防法です。

 

 

では、

「野島さん。もうすでに疲れている僕はどうすればいいの?」

という人もいると思います。

 

疲れを回復させると言うと、

じっと座って休憩することが疲れの回復になると思いそうですが、

実は、座って休憩しても疲れは回復しないといいます。

 

逆に座っていると疲れがたまるというのです。

 

ある学者さんは、

人間の体は動き続ける構造になっていて、

動き続けるのが人間本来の姿だといいます。

椅子に座って休むのは人間本来の習性では無いということです。

 

サラリーマンで夜遅くまで残業していると

椅子に座りっぱなしでほとんど

体を動かさないということがあると思います。

 

実は、

その体を動かさないという行為が

疲れの要因になっているのです。

 

疲れを次の日に持ち越さないためには、

残業後に軽い有酸素運動のがおすすめです。

 

夜遅くまで残業したら、

普通は早く家に帰ってビール飲んで

ソファーでリラックスして

疲れを回復させたいよ

と思いますよね。

 

しかし

20分ランニングなど

軽い有酸素運動をすると

次の日の疲れが和らぐというんです。

 

以前、経営者で、夜中まで残業したあと

夜中にジョギングをするという人がいました。

ジョギングすることで頭がすっきりするというんです。

 

当時、野島は

「とんでもないドM野郎だな ゚( ´ー`)フゥー...」

と思っていましたが、

その経営者は自然と体で理解していたんですね。汗

 

軽い有酸素運動には、

体の歪みをとり披露物質を流してくれる効果があるそうです。

これを動的回復法とよんでいます。

 

動いて疲れを回復するという方法もあるんですね。

びっくりです。ʕº̫͡ºʔ

 

まとめ

 

・疲れの原因は

筋肉の疲労よりも神経の疲労が大きい。

 

・疲れを感じるのは体の歪みが原因

 

・IAP呼吸法について
お腹をふくらませたままする呼吸法

 

・すでに疲れている人は、
じっと座って休憩するよりも軽い有酸素運動をすること

 

また、疲れの回復には
睡眠も大切だと書かれています。

 

睡眠についてもここで紹介したいところですが、

 

睡眠については、

先日「スタンフォード式最高の睡眠」を紹介しました。

 

要約【スタンフォード式 最高の睡眠】夜に秘められた黄金の90分

野島です。(^o^) 最近まで、日中の眠気がつらかった野島です。   睡眠の質を上げたいなと思い、 睡眠について勉強しようと 「スタンフォード式 最高の睡眠」 という本を読んでみました。 & ...

続きを見る

 

 

今回紹介した「スタンフォード式疲れない体」

両方とも簡単に実践出来る内容なのでぜひやってみてください。

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

 

 

野島

-読書

© 2021 野島幸人ブログ Powered by AFFINGER5