読書

要約【スタンフォードの自分を変える教室】意志力を鍛える方法

Pocket

 

野島です。(^o^)

 

この記事では、

 

今の自分を変えたいと思っている人、

自分の意志力を強くしたいと思っている人

衝動的に行動してしまう人へ

 

おすすめの本を紹介します。

 

野島はこれまで意志力って根性論みたいなものだと思っていました。

そう思っている人も少なからず、いるんじゃないでしょうか。

 

しかし、

意志力は精神論ではありません。

意志力は科学的に説明できるものなんです。

 

ただの精神論じゃなく科学的な根拠に基づいて

意志力について解説された本を紹介します。

 

それが、「スタンフォードの自分を変える教室」です。

 

 

本書の結論は、

意志力は心の強さだけではなく体の健康度合いによっても決まる

です。

 

そこで、

この記事では、

野島が本書を読んで重要だなと思った部分を解説します。

 

1 意志力とは?

2 なぜ体が健康だと意志力が上がるのか?

3 体の状態を健康にする具体的な方法

 

について解説します。

 

1 意志力とは?

 

意思力とは、文字通り意志の力のことで、

物事を達成するために必要な力のことをいいます。

 

意志力は次の3つの力で構成されます。

 

ひとつは、やる力です。

やるべきことをやる力のこと。

 

次に、やらない力

やるべきでないことをやらない力のこと。

 

最後に、望む力

目標を達成したいと望む力のこと。

 

3つの中で、望む力が意志力の土台になる力となります。

望む力の大きさによりやる力、

やらない力の大きさが変わってきます。

 

2 なぜ健康だと意志力がアップするのか?

 

結論は、

体が健康な人は、交感神経、副交感神経の切り替えをスムーズにでき、

このことが大きく意志力の強さに関係しているからです。

 

どういうことか説明すると

人間には交感神経と副交感神経という2つの神経があります。

 

人間が行動する時は、交感神経が優位になり、

リラックスしているときは、逆に副交感神経が優位になります。

 

この神経の切り替えは

無意識に体が勝手に行います。

 

体が健康な人ほど神経の切り替えが適切にスムーズにできますが、

不健康な人ほど切り替えがスムーズではありません。

 

なぜ、神経の切り替えがスムーズな人ほど意志力が強いのか?

というと

副交感神経が優位になることで、衝動的になることを抑えることができるから。

というのが理由です。

 

 

例えば、ダイエット中なのにお菓子を食べたくなったとします。

 

この時

衝動的な欲求を感じた体は興奮状態になり、交感神経が優位な状態になります。

 

しかし、ダイエットを決意している体が健康な人はこの時、

副交感神経が優位に切り替わり衝動的な欲求を抑えることが出来ます。

 

逆に体が健康じゃない人は、

交感神経が優位なまま

衝動的な欲求が抑えられず、パクっとお菓子を食べてしまいます。

 

意志力の強さは

体の状態が健康に整っていることが重要なんです。

 

意志力が強い人は体が整っている人だったんですね。

 

3 体の状態を健康にする具体的な方法

 

どうやったら体の状態が整うのか?

について解説します。

 

体の状態を健康にするには、

運動、瞑想、睡眠、食事、人間関係、ストレス

について整える必要があります。

 

順に説明します。

 

運動

まず運動です。

定期的な運動を行うことで健康な状態にします。

 

どんな運動でもいいですが、

運動が苦手な人は散歩や掃除など体を動かせればOKです。

 

 

瞑想

次に瞑想

瞑想は、呼吸に意識を集中する方法です。

 

 

また深呼吸も有効な方法になります。

 

もしダイエット中に甘いケーキを食べたくなった時、

大きく息を吸って大きく吐く。これを5,6回ぐらい繰り返します。

そうすると副交感神経が優位になって、衝動的な欲求を抑えることができます。

 

野島は、瞑想を毎朝の習慣にして、日中は即席な方法として深呼吸を取り入れています。

 

睡眠

十分な睡眠を確保することで体が整います。

理想は7,8時間です。最低6時間はとりましょう。

 

また、5〜20分のお昼寝も効果的です。

お昼寝で午後のパフォーマンスが上がります。

 

食事

低糖質の食品を食べましょう。

 

魚や鶏肉などのタンパク質、

ナッツ類、

果物、

野菜を食べるようにします。

 

低血糖の食品は、

体内の血糖値を緩やかに上昇させるので、

体への負担が小さくなります。

 

また、腹8分目を心がけることで内臓の負担を軽くしましょう。

 

人間関係

家族、恋人、友人と良好な人間関係を大切にしましょう。

会話をして、体やメンタルをリラックスさせることで健康に整えることができます。

 

ストレス

ストレスを感じた時、交感神経が優位な状態になります。

慢性的なストレスは、体が常に緊張状態なので体が休まりません。

 

日頃から運動や瞑想を習慣にしたり、

趣味や好きな人との時間を大切にしてストレスを貯めないようにしましょう。

 

 

 

まとめ

 

・意志力とは、

やる力、やらない力、望む力で構成されている。

 

・体が健康な人は神経の切り替えが

スムーズに行われて衝動的な欲求を抑えることができる。

 

・体を健康にする具体的な方法は、

運動、瞑想、睡眠、食事、人間関係、ストレスを整えること。

 

 

本書は、

科学的な研究成果をもとに書かれていて、

しかもとても言葉が簡単で読みやすく理解がしやすいです。

 

具体的な方法も多く紹介されているので、

今回の記事を読んで気になった人は

ぜひ本書を読んでみてください。

 

睡眠については、

以前書いた記事も参考になります。

 

要約【スタンフォード式 最高の睡眠】夜に秘められた黄金の90分

野島です。(^o^) 最近まで、日中の眠気がつらかった野島です。   睡眠の質を上げたいなと思い、 睡眠について勉強しようと 「スタンフォード式 最高の睡眠」 という本を読んでみました。 & ...

続きを見る

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

 

 

野島

-読書

© 2021 野島幸人ブログ Powered by AFFINGER5